筋トレ 腹筋

プランククランチで腹筋を効果的に鍛える!正しいやり方や鍛えることで得られるメリットを解説

最近お腹のたるみが目立ってきた 年齢を重ねるにつれてお腹がでてきてしまった 家族や友人に最近太ってきたと指摘された ちょっと太ってきてしまった、お腹のたるみが目立つようになってきた人がとりあえず始めたくなるのが腹筋です。 特別なマシーンも必要なく手軽に行えるのが大きなメリットですが、一方でメニューが単調になってしまったり、うまく上体をおこすことができないといったリスクもあります。 そのため結局挫折する可能性も高く、トレーニングの中でも継続して続けることが難しいものとしてTOPに君臨しているといっていいでし ...

続きを読む

筋トレ

パームカールは上腕二頭筋を鍛える最適な筋トレ!正しいやり方を紹介

上腕二頭筋を鍛えられるパームカール。 いわゆる『力こぶ』と呼ばれる部位を鍛えるにはちょうどいいトレーニングで、逞しい腕をつくることができます。 しかし、やり方などがわからずに困っている人や、正しフォームでできていない人が多いのではないでしょうか。 今回は、パームカールのやり方などについてご紹介していきます。 やり方がわからない人はぜひチェックしてくださいね。   パームカールとは? パームカールとは、上腕二頭筋を鍛えるためのトレーニングで、特別な器具を使わずに筋トレができるという特徴があります。 ...

続きを読む

筋トレ

ダンベルシュラッグのやり方とは?徹底的に僧帽筋を鍛える!

ダンベルシュラッグはおもに僧帽筋を鍛えられるトレーニングですが、あまり聞き馴染みがないのでしたことがない人が多いのではないでしょうか。 ダンベルが2つあればできるトレーニングで、場所も取らないので初心者でも気軽に取り組めます。 しかし、正しいフォームで行わないと意味のないトレーニングとなってしまうので注意が必要です。 今回は、ダンベルシュラッグのやり方とメリット、効果的なトレーニングを行うポイントをご紹介していきたいと思います。   ダンベルシュラッグとは? ダンベルシュラッグとは、背中にある僧 ...

続きを読む

筋トレ

リバースプランクの正しいやり方!効果やフォームをご紹介

リバースプランクという筋トレをご存知でしょうか。 男性も女性も嬉しい効果がある筋トレで、トレーニングメニューの中に組み込んでいる人も多く見受けられます。 気軽に取り組むことができるのが特徴ですが、正しいフォームを知らないといつまでたっても効果が現れません。 今回はリバースプランクの正しいフォームやコツをご紹介していきます。   リバースプランクとは? 通常のプランクとは、身体をうつ伏せにして床に肘を付いて行うトレーニングですが、リバースプランクは仰向けになって身体の全面を上に向けて行うトレーニン ...

続きを読む

筋トレ

ケーブルクロスオーバーで大胸筋下部と上部を鍛える

筋トレをする中で誰もが憧れるのが厚い胸板を作ること、つまり「大胸筋」を大きくすることです。 大胸筋はたくましく大きければ大きいほど、Tシャツなどをきた時に男らしい印象を与えることができる部位になるので、多くの人が発達させるためにできるだけ鍛えたい部位の1つになります。 しかしバーベルやダンベルなどをやってばかりで、マンネリになりがちなのも大胸筋の悩みの種です。 そこで今回は特に大胸筋に強く普段とは異なった刺激を与えることができる、ケーブルクロスオーバーについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください ...

続きを読む

筋トレグッズ

筋トレ初心者が揃えるべきおすすめ筋トレ道具を目的別にご紹介!

2020-09-28

筋トレ初心者の人は、まず自宅で軽い負荷のトレーニングから始めるのが良いですが、筋トレの道具がある方が負荷もかけやすくなります。

体重のみで行うトレーニングは、初心者だと狙った部位に負荷をかけにくいなどのデメリットもあるので、筋トレを補助してくれる道具は揃えたほうが効率よく鍛えられるでしょう。

しかし、トレーニングに必要な道具といっても何を揃えればいいのかわからない人が多く、購入に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

今回は、筋トレ道具を揃えるメリットとおすすめの筋トレ道具をご紹介していきます。

 

筋トレ道具を揃えるメリットは?

筋肉量を増やして見た目を変化させたり、代謝が良くなって痩せやすくなったりとさまざまな恩恵がある筋トレ。

初心者の人がいきなりジムに通って高負荷のトレーニングをしてしまうと継続できない原因になってしまうので、最初は自宅で行う自重トレーニングをメインにやってみましょう。

しかし自重トレーニングは身体全体に負荷がかかるので、特定の部位だけに効かせるというのが難しくなります。

そこで筋トレの道具を揃えることで、より細かな部位に負荷をかけることができる他、それ以外にも以下のようなメリットが得られます。

身体にかかる負荷を軽減する

筋トレは身体全体に負荷がかかるものが多いので、膝や腰に負荷が集中してしまうと怪我をしたり、痛めてしまう原因になります。

腕や腰、背中などの特定の部位のみに負荷をかけたい場合は、筋トレ道具を用いると効率よく鍛えることができ、身体全体にかかる負荷を軽減することが可能です。

トレーニングは全体を鍛えることでより効果を発揮しますが、ある程度筋トレを行っている人で「この部位だけをもっと鍛えたい!」という場所があるのなら、筋トレ道具を使ってみるといいでしょう。

 

モチベーションが上がる

自重トレーニングは初心者におすすめのトレーニングですが、自宅でできることがメリットでもありながら、代わり映えしないのでデメリットにもなってしまいます。

同じ場所で同じトレーニングを続けていると飽きが生じてしまうので、筋トレ道具を取り入れることによって変化が生まれ、モチベーションアップにも繋がります。

 

筋トレのパフォーマンスが向上する

腕や背中などは自重トレーニングで鍛えることが可能ですが、筋トレ道具を取り入れるとよりピンポイントで鍛えることができます。

自重トレーニングだと他の部位にも負荷がかかるため、すでに他の部位に筋肉がついている場合、バランスが取れなくなってしまうこともあり見た目に影響してきてしまいます。

筋トレの道具を使って特定の部位のみを鍛えると、鍛えたい部分のみの筋肉量を増やすことができるので、より理想的な身体つくりができるようになるでしょう。

 

 

初心者が揃えるべき筋トレ道具

筋トレの道具といってもかなり多くの種類が販売されていますが、初心者が揃えるべき道具は以下の通りです。

より鍛えたいところを鍛えられる道具を購入して、効率よく筋トレを行っていきましょう。

 

ダンベル

ダンベルは主に腕・肩周り・背中を鍛えられます。

また、重さをプラスすることができるので、負荷の大きい自重トレーニングをすることができるでしょう。

重さも500gなどのとても軽いものから、男性用でかなり重さがあるものまでさまざまです。

最初から重さが決まっている固定式ダンベルと、プレートなどで重さが調整できる可変式ダンベル、水の量で重さが調整できるウォーターダンベルなどがあります。

女性は男性に比べるとトレーニングで使えるダンベルの重さに振り幅はありませんので、固定式ダンベルかウォーターダンベルがおすすめでしょう。

男性は筋肉量が増えてトレーニング内容もよりハードなものになると、当初の重さのダンベルでは負荷が足りなくなってしまうこともあります。

筋トレが習慣になっていて、より負荷の高いトレーニングをしたいという男性であれば、重量を調整できる可変式ダンベルを購入するようにしてくださいね。

 

関連記事
ダンベルを持って自宅で出来る!大腿四頭筋を鍛える方法!5選!

コロナの時代であっても健康的な身体作りは欠かせません。 今回は、感染リスクの中わざわざリスクを抱えてジムに行かなくても、自宅で出来るダンベルを使って大腿四頭筋を鍛える方法をご紹介します。 予備知識とし ...

 

トレーニングマット

トレーニングマットを使う目的として多いのが、

  • マンションなどの騒音防止
  • 転倒防止
  • 正確な位置の把握
  • 接地面の圧力軽減

などがあります。

筋トレは自宅でできることがメリットですが、足を床につけたときや着地のときの音が下の階に響いてしまって、騒音問題になってしまうことが度々起こります。

マンションなどに住んでいる人は、音を軽減するためにもトレーニングマットの上で筋トレをするように意識してください。

 

その他にも滑らないようにするための対策、身体を動かすときの位置の確認などの意味もあります。

筋トレは床に手や背中をついて行うものも多く、硬い床だと痛くなってしまいますよね。

そのようなときにトレーニングマットを敷いて行うことで、痛みを感じることなく続けることができます。

筋トレを始めるのであれば、最初の段階で揃えておきたいアイテムです。

 

アブローラー

アブローラーは腹筋ローラーとも言われていて、腕や肩周り・背中・胸・腹筋を鍛えることができます。

ローラーの両サイドを持って床につけたまま前後に転がす動作が主ですが、この動作はある程度腹筋に筋力がないと続けることがとても難しいです。

初心者がいきなりやるとかなりきついトレーニングになりますが、その分腹筋に絶大な効果があるので、ぜひ取り入れたいですね。

 

バランスボール

バランスボールは女性に人気の筋トレ道具で、主に体幹を鍛えられます。

最近ではヨガなどでバランスボールを用いることも多くあるため、身体の柔軟性の向上にも役立ちます。

不安定なボールの上に座ることで体幹の他にもインナーマッスルも鍛えられますので、日常生活の中で取り入れやすい筋トレ道具です。

 

プランククランチで腹筋を効果的に鍛える!正しいやり方や鍛えることで得られるメリットを解説

最近お腹のたるみが目立ってきた 年齢を重ねるにつれてお腹がでてきてしまった 家族や友人に最近太ってきたと指摘された ちょっと太ってきてしまった、お腹のたるみが目立つようになってきた人がとりあえず始めた ...

 

プッシュアップバー

プッシュアップバーはその名の通り、プッシュアップをするときに使う筋トレ道具です。

床に手をついて行うよりもさらに可動域が広がるので、腕や胸・背中・腹筋を効率よく鍛えられます。

特に大胸筋の内側は、床に手をついてプッシュアップを行うだけではあまり鍛えられないことが多いので、プッシュアップバーを用いて大きな負荷をかけるようにしていきましょう。

 

ハンドグリップ

ハンドグリップは握力と前腕・胸筋を鍛えることができます。

「筋トレに握力は必要無いのでは?」と思われがちですが、負荷の高いトレーニングであるチンニング(懸垂)やデッドリフトなどでは、筋力よりも握力に限界がきて回数をこなせなくなることが非常に多いです。

握力を鍛えることで他のトレーニングのパフォーマンスを向上させることができるので、鍛えておいて損はありません。

また、前腕と胸筋も鍛えられるので、男性で格好いい身体を目指している人はぜひハンドグリップを取り入れてみてください。

 

まとめ

今回は筋トレ初心者が揃えるべきおすすめ筋トレ道具とメリットについてご紹介しました。

体重のみで行う自重トレーニングだと筋トレがマンネリ化してしまいますし、筋肉が負荷に慣れてしまえばそれ以上の筋肥大も期待できません。

トレーニングを効率よく行うためにも、自分が鍛えたい部位を鍛えられる筋トレ道具を揃えておきましょう。

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-筋トレグッズ

© 2020 MuscleCamp