筋トレ 腹筋

プランククランチで腹筋を効果的に鍛える!正しいやり方や鍛えることで得られるメリットを解説

最近お腹のたるみが目立ってきた 年齢を重ねるにつれてお腹がでてきてしまった 家族や友人に最近太ってきたと指摘された ちょっと太ってきてしまった、お腹のたるみが目立つようになってきた人がとりあえず始めたくなるのが腹筋です。 特別なマシーンも必要なく手軽に行えるのが大きなメリットですが、一方でメニューが単調になってしまったり、うまく上体をおこすことができないといったリスクもあります。 そのため結局挫折する可能性も高く、トレーニングの中でも継続して続けることが難しいものとしてTOPに君臨しているといっていいでし ...

続きを読む

筋トレ

パームカールは上腕二頭筋を鍛える最適な筋トレ!正しいやり方を紹介

上腕二頭筋を鍛えられるパームカール。 いわゆる『力こぶ』と呼ばれる部位を鍛えるにはちょうどいいトレーニングで、逞しい腕をつくることができます。 しかし、やり方などがわからずに困っている人や、正しフォームでできていない人が多いのではないでしょうか。 今回は、パームカールのやり方などについてご紹介していきます。 やり方がわからない人はぜひチェックしてくださいね。   パームカールとは? パームカールとは、上腕二頭筋を鍛えるためのトレーニングで、特別な器具を使わずに筋トレができるという特徴があります。 ...

続きを読む

筋トレ

ダンベルシュラッグのやり方とは?徹底的に僧帽筋を鍛える!

ダンベルシュラッグはおもに僧帽筋を鍛えられるトレーニングですが、あまり聞き馴染みがないのでしたことがない人が多いのではないでしょうか。 ダンベルが2つあればできるトレーニングで、場所も取らないので初心者でも気軽に取り組めます。 しかし、正しいフォームで行わないと意味のないトレーニングとなってしまうので注意が必要です。 今回は、ダンベルシュラッグのやり方とメリット、効果的なトレーニングを行うポイントをご紹介していきたいと思います。   ダンベルシュラッグとは? ダンベルシュラッグとは、背中にある僧 ...

続きを読む

筋トレ

リバースプランクの正しいやり方!効果やフォームをご紹介

リバースプランクという筋トレをご存知でしょうか。 男性も女性も嬉しい効果がある筋トレで、トレーニングメニューの中に組み込んでいる人も多く見受けられます。 気軽に取り組むことができるのが特徴ですが、正しいフォームを知らないといつまでたっても効果が現れません。 今回はリバースプランクの正しいフォームやコツをご紹介していきます。   リバースプランクとは? 通常のプランクとは、身体をうつ伏せにして床に肘を付いて行うトレーニングですが、リバースプランクは仰向けになって身体の全面を上に向けて行うトレーニン ...

続きを読む

筋トレ

ケーブルクロスオーバーで大胸筋下部と上部を鍛える

筋トレをする中で誰もが憧れるのが厚い胸板を作ること、つまり「大胸筋」を大きくすることです。 大胸筋はたくましく大きければ大きいほど、Tシャツなどをきた時に男らしい印象を与えることができる部位になるので、多くの人が発達させるためにできるだけ鍛えたい部位の1つになります。 しかしバーベルやダンベルなどをやってばかりで、マンネリになりがちなのも大胸筋の悩みの種です。 そこで今回は特に大胸筋に強く普段とは異なった刺激を与えることができる、ケーブルクロスオーバーについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください ...

続きを読む

食事・栄養

ファミチキの糖質はどれくらい?ダイエット中に食べても大丈夫?

2020-10-10

ダイエット中は多くの人が避ける食べ物といえば、揚げ物ではないでしょうか。

揚げ物は油を使って揚げるのでカロリーが高く、脂質も多く含まれていて食べると太るというイメージがかなり強いです。

しかし、その揚げ物の中でもファミリーマートで販売されているファミチキは、ダイエット中に食べても良いと言われています。

ダイエットをしている人からすると、揚げ物を食べるというのはかなり勇気がいること。

今回はファミチキの糖質や、ダイエット中に食べても良いと言われている理由について詳しく見ていきましょう。

 

糖質制限とは?

糖質制限とは、食事で得られる糖質の量を大幅にカットするダイエット法のことです。

「低炭水化物ダイエット」「ローカーボダイエット」とも言われていて、炭水化物を食べる量を制限することを指します。

人間が必要とする栄養素の中にも糖質は含まれていて、この糖質を摂らなくなると体重は減少していくのですが、やり方によっては危険なダイエットにもなってしまいます。

 

糖質制限をするときに注意すること

人間が必要とする糖質は、活動をするうえでエネルギー源ともなる栄養素で、あまりにも糖質を摂らないと体調不良の原因にもなりますので、ダイエットとして糖質制限をする際の注意点をご紹介していきましょう。

糖質を極端に減らしすぎない

糖質を多く含む食品といえば、

  • 白米
  • パンなどの小麦類
  • うどん
  • そば
  • パスタ
  • 野菜(根菜)
  • お菓子
  • 果物

などがあります。

これらを全く食べないと、身体が糖質不足になりエネルギー源が得られずに体調不良に陥ってしまいます。

糖質制限は全く糖質を摂らないのではなく量を減らすことが目的ですので、体重減少をしたいがために糖質を全く摂らないというのは危険なので絶対にやめましょう。

 

タンパク質は積極的に摂取する

糖質を摂らないかわりに、筋肉の元となるタンパク質は積極的に摂取してください。

タンパク質を多く含むものとして、

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品

などがあります。

とくに鶏肉はタンパク質が豊富なので、積極的に食べるようにしましょう。

 

ファミチキの糖質量をチェック!

ダイエット中でも無性に食べたくなる揚げ物。

唐揚げやとんかつなどはとてもカロリーや糖質が高くなっているのですが、ファミチキはどなのでしょうか。

代表的なファミチキの栄養成分値を見ていきましょう。

カロリー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 糖質(g)
ファミチキ プレーン 251.7 12.7 15.7 14.8
ファミチキ ガーリック味 357.3 17.7 17.7 24.9
ファミチキ 刺激のブラックペッパー味 286.8 15.6 17.3 17.0
ファミチキ チーズタッカルビ味 318.3 15.2 19.1 21.4
チーズインファミチキ 332.6 16.6 21.0 19.4

こうして見てみると、糖質量が比較的低いのはプレーンと刺激のブラックペッパー味となっています。

カロリー制限をする際はどれもプレーン以外はどれも高カロリーとなっているので、あまりおすすめはできません。

しかし糖質を制限するダイエットの場合はカロリーは気にせず、糖質量のみをカットするダイエットになります。

この中だとプレーンか刺激のブラックペッパー味なら糖質量が低いので、糖質制限中の人はこの2つのどちらかを食べるようにしましょう。

 

ファミチキがダイエットに効果的な理由

「ファミチキといっても揚げ物なので、食べるのは抵抗がある……。」という人は多いのではないでしょうか。

しかしファミチキはダイエットに効果的な食品です。

どのような理由で効果的なのかをチェックしていきましょう。

 

タンパク質が多く摂れる

ファミチキは鶏肉なので、タンパク質が豊富に含まれています。

糖質が低いプレーンとブラックペッパー味は10~15gものタンパク質が含まれていて、1食に必要な量の3分の2程を摂取することができます。

糖質制限をしているとタンパク質が不足してしまいがちなので、食事からきちんと摂取するようにしましょう。

 

満足感が得られる

ダイエット中は油を使った料理はあまり食べなくなりますよね。

揚げ物が好きな人は多いですが、全く食べないといったダイエットをしていると食に対してストレスが溜まります。

このようなときに、ご褒美としてファミチキを食べることでストレス発散にもなり、ダイエットを頑張る糧にもなります。

 

関連記事
筋トレ中でも安心◎美味しく食べれる甘いものをずらりと集めました!

筋トレ中に甘いものを食べたいと思っていても、 「筋トレしたことがムダになってしまうのでは?」 「甘いものは太るからガマンガマン…」 「筋トレ中でも食べてOKな甘いものってないのかな?」 などなど、不満 ...

関連記事
減量中に間食はNG?間食のメリットとデメリットとは

運動や筋トレをおこなっているときは食事制限と併用することで、ダイエットに絶大な効果をもたらしてくれます。 特に筋トレは筋肉をつけて筋肉量を増やし、見た目のバランスを整えながら脂肪を燃焼させていくことに ...

 

 

ダイエット中にファミチキを食べるときの注意点

ダイエットに効果的なファミチキですが、注意するべき点もあります。

これらを理解しておかないと逆に体重が増えてしまうことにもつながりますので、きちんと理解しておきましょう。

食べすぎないようにする

ファミチキは揚げ物の中でも糖質量は少なめですが、食べすぎるとカロリーオーバーになってしまい消費しきれなかった分が脂肪として蓄積されていきます。

油を使った食品は中毒性があり一度に何個も食べたくなりますが、そこはぐっとこらえて1日1~2個にとどめておきましょう。

 

間食として食べるよりも主食に置き換えて食べる

ダイエット中は間食は良くないという印象がありますが、食べる物の質を変えると食欲を抑えてダイエットのサポートをしてくれます。

間食に適した時間は午前10時前後と午後15時前後ですが、ファミチキを間食として食べると脂質が多めなのであまり推奨できません。

間食としてファミチキを食べるよりも、主食(白米やパンなど)として置き換えて食べることで、食事から摂る糖質量を減らすことができます。

どうしても間食として食べたい場合は、午前中ではなく食べたものが脂肪に変わりにくい午後15時頃に食べるようにしましょう。

 

 

まとめ

今回はファミチキの糖質量と、ダイエットに良いと言われている理由をご紹介しました。

揚げ物を避けていても、どうしても食べたくなるときってありますよね。

そのようなときは唐揚げやとんかつ、コロッケなどではなくファミチキを食べるようにすると、ダイエットの妨げとならないのでおすすめです。

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-食事・栄養

© 2020 MuscleCamp