筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

食事・栄養

ファミチキの糖質はどれくらい?ダイエット中に食べても大丈夫?

2020-10-10

ダイエット中は多くの人が避ける食べ物といえば、揚げ物ではないでしょうか。

揚げ物は油を使って揚げるのでカロリーが高く、脂質も多く含まれていて食べると太るというイメージがかなり強いです。

しかし、その揚げ物の中でもファミリーマートで販売されているファミチキは、ダイエット中に食べても良いと言われています。

ダイエットをしている人からすると、揚げ物を食べるというのはかなり勇気がいること。

今回はファミチキの糖質や、ダイエット中に食べても良いと言われている理由について詳しく見ていきましょう。

 

糖質制限とは?

糖質制限とは、食事で得られる糖質の量を大幅にカットするダイエット法のことです。

「低炭水化物ダイエット」「ローカーボダイエット」とも言われていて、炭水化物を食べる量を制限することを指します。

人間が必要とする栄養素の中にも糖質は含まれていて、この糖質を摂らなくなると体重は減少していくのですが、やり方によっては危険なダイエットにもなってしまいます。

 

糖質制限をするときに注意すること

人間が必要とする糖質は、活動をするうえでエネルギー源ともなる栄養素で、あまりにも糖質を摂らないと体調不良の原因にもなりますので、ダイエットとして糖質制限をする際の注意点をご紹介していきましょう。

糖質を極端に減らしすぎない

糖質を多く含む食品といえば、

  • 白米
  • パンなどの小麦類
  • うどん
  • そば
  • パスタ
  • 野菜(根菜)
  • お菓子
  • 果物

などがあります。

これらを全く食べないと、身体が糖質不足になりエネルギー源が得られずに体調不良に陥ってしまいます。

糖質制限は全く糖質を摂らないのではなく量を減らすことが目的ですので、体重減少をしたいがために糖質を全く摂らないというのは危険なので絶対にやめましょう。

 

タンパク質は積極的に摂取する

糖質を摂らないかわりに、筋肉の元となるタンパク質は積極的に摂取してください。

タンパク質を多く含むものとして、

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆製品

などがあります。

とくに鶏肉はタンパク質が豊富なので、積極的に食べるようにしましょう。

 

ファミチキの糖質量をチェック!

ダイエット中でも無性に食べたくなる揚げ物。

唐揚げやとんかつなどはとてもカロリーや糖質が高くなっているのですが、ファミチキはどなのでしょうか。

代表的なファミチキの栄養成分値を見ていきましょう。

カロリー(kcal) タンパク質(g) 脂質(g) 糖質(g)
ファミチキ プレーン 251.7 12.7 15.7 14.8
ファミチキ ガーリック味 357.3 17.7 17.7 24.9
ファミチキ 刺激のブラックペッパー味 286.8 15.6 17.3 17.0
ファミチキ チーズタッカルビ味 318.3 15.2 19.1 21.4
チーズインファミチキ 332.6 16.6 21.0 19.4

こうして見てみると、糖質量が比較的低いのはプレーンと刺激のブラックペッパー味となっています。

カロリー制限をする際はどれもプレーン以外はどれも高カロリーとなっているので、あまりおすすめはできません。

しかし糖質を制限するダイエットの場合はカロリーは気にせず、糖質量のみをカットするダイエットになります。

この中だとプレーンか刺激のブラックペッパー味なら糖質量が低いので、糖質制限中の人はこの2つのどちらかを食べるようにしましょう。

 

ファミチキがダイエットに効果的な理由

「ファミチキといっても揚げ物なので、食べるのは抵抗がある……。」という人は多いのではないでしょうか。

しかしファミチキはダイエットに効果的な食品です。

どのような理由で効果的なのかをチェックしていきましょう。

 

タンパク質が多く摂れる

ファミチキは鶏肉なので、タンパク質が豊富に含まれています。

糖質が低いプレーンとブラックペッパー味は10~15gものタンパク質が含まれていて、1食に必要な量の3分の2程を摂取することができます。

糖質制限をしているとタンパク質が不足してしまいがちなので、食事からきちんと摂取するようにしましょう。

 

満足感が得られる

ダイエット中は油を使った料理はあまり食べなくなりますよね。

揚げ物が好きな人は多いですが、全く食べないといったダイエットをしていると食に対してストレスが溜まります。

このようなときに、ご褒美としてファミチキを食べることでストレス発散にもなり、ダイエットを頑張る糧にもなります。

 

関連記事
筋トレ中でも安心◎美味しく食べれる甘いものをずらりと集めました!

筋トレ中に甘いものを食べたいと思っていても、 「筋トレしたことがムダになってしまうのでは?」 「甘いものは太るからガマンガマン…」 「筋トレ中でも食べてOKな甘いものってないのかな?」 などなど、不満 ...

関連記事
減量中に間食はNG?間食のメリットとデメリットとは

運動や筋トレをおこなっているときは食事制限と併用することで、ダイエットに絶大な効果をもたらしてくれます。 特に筋トレは筋肉をつけて筋肉量を増やし、見た目のバランスを整えながら脂肪を燃焼させていくことに ...

 

 

ダイエット中にファミチキを食べるときの注意点

ダイエットに効果的なファミチキですが、注意するべき点もあります。

これらを理解しておかないと逆に体重が増えてしまうことにもつながりますので、きちんと理解しておきましょう。

食べすぎないようにする

ファミチキは揚げ物の中でも糖質量は少なめですが、食べすぎるとカロリーオーバーになってしまい消費しきれなかった分が脂肪として蓄積されていきます。

油を使った食品は中毒性があり一度に何個も食べたくなりますが、そこはぐっとこらえて1日1~2個にとどめておきましょう。

 

間食として食べるよりも主食に置き換えて食べる

ダイエット中は間食は良くないという印象がありますが、食べる物の質を変えると食欲を抑えてダイエットのサポートをしてくれます。

間食に適した時間は午前10時前後と午後15時前後ですが、ファミチキを間食として食べると脂質が多めなのであまり推奨できません。

間食としてファミチキを食べるよりも、主食(白米やパンなど)として置き換えて食べることで、食事から摂る糖質量を減らすことができます。

どうしても間食として食べたい場合は、午前中ではなく食べたものが脂肪に変わりにくい午後15時頃に食べるようにしましょう。

 

 

まとめ

今回はファミチキの糖質量と、ダイエットに良いと言われている理由をご紹介しました。

揚げ物を避けていても、どうしても食べたくなるときってありますよね。

そのようなときは唐揚げやとんかつ、コロッケなどではなくファミチキを食べるようにすると、ダイエットの妨げとならないのでおすすめです。

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-食事・栄養

© 2021 MuscleCamp