筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

筋トレ

筋トレ初心者がテストステロンの分泌量を増やす方法をご紹介!

男性ホルモンであるテストステロンは、筋トレをする上で欠かせないホルモンです。

筋肉へさまざまな良い影響を与えるので、男性はとくに増やしていきたいホルモンになります。

しかし、「ホルモンの増やし方ってどうすればいいのかわからない……」という人は多いのではないでしょうか。

今回は、筋トレ初心者がテストステロンの分泌量を増やす方法をご紹介していきます。

筋トレをしている男性は要チェックです!

 

テストステロンとは?

テストステロンは男性のホルモンの一種で、約95%が精巣で作られていて残りの5%は副腎で作られています。

コレステロールが体内でテストステロンに変換されて作られていて、脳からの司令でコントロールされています。

心身の健康状態や精神的な面でも影響が多く、テストステロンの分泌量が増えることで男らしくもなるので、分泌量を増やしたいですよね。

近年の研究ではテストステロンの分泌量が多くなりすぎると心筋梗塞や癌などの発症リスクが低くなるということもわかっています。

反対にテストステロンの量が少なすぎると、病気の発症率が約4倍にもなると言われています。

数値は、高すぎず低すぎずのちょうどいい値で保つ必要があります。

 

テストステロンの効果

テストステロンの効果を実感するのは、成長ホルモンが最も活発になる思春期の頃と言われています。

身体つきが変わったり性への関心が高まるなど、大人の男性になるための準備をするために必要になります。

男性の身体に欠かせないテストステロンですが、以下のような効果が期待されます。

どのような効果があるのか1つずつ確認していきましょう。

筋肉量を増やす

テストステロンは男性特有の筋肉の元となっていて、男らしい身体へと変化するために重要な役割を担っています。

トレーニングをして筋肉の量が増えるのはこのテストステロンの働きが関係しています。

しかし中年期以降になると分泌量がピーク時の約半分になってしまうので、筋肉量が減ってしまう原因に。

 

骨を強くして骨格を維持

テストステロンには筋肉量を増やす他にも、骨を強化して骨格を維持する働きもあります。

思春期の頃に急に身長が伸びるのは、このテストステロンの分泌が活発になっているからです。

思春期以降でもテストステロンを増やすことで長期に渡り骨格の維持が期待できるのです。

 

体脂肪を減らす

体脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、男性の場合は内臓脂肪が多く付く傾向にあります。

この内臓脂肪を燃焼するサポートをしてくれるのがテストステロンで、分泌が盛んになると筋肉が適度に付いた男らしい身体つきになるのです。

生活習慣病とも密接な関係があり、肥満になるとテストステロンの分泌量が少なくなるという研究結果もあります。

 

性欲が高まる

男性は基本的には年齢に関係なく性欲が高い傾向がありますが、テストステロンの分泌が少なくなるとそれに比例して性欲が減退してしまうこともあります。

男性のテストステロンの分泌は18~30歳頃がピークで、それ以降は徐々に低下していきます。

年齢を重ねるごとに性欲が無くなってしまうという事態を避けるためにも、分泌量を増やす対策をしていきたいですね。

 

メンタルを安定・強化させる

テストステロンは精神的な面にも作用してきます。

精神を落ち着かせて気持ちを向上させる効果があり、バイタリティを高めることができます。

筋トレをしている人が明るい性格の人が多いのは、このテストステロンの影響があるからでしょう。

 

関連記事
筋トレとハゲは関係ない?気になる噂を徹底解明!

カッコよくなりたい、スタイルアップを目指したい!そんな気持ちで行う筋トレは今や一大ブームとなりつつあり、男女問わず多くの方が日々筋トレに励んでいます。 筋トレで得られる嬉しい効果はたくさんありますが、 ...

 

テストステロンを増やす方法とは

テストステロンは30歳を目処に分泌量が減っていってしまいますが、以下のことを気をつけることで分泌量の減少を抑えることができます。

どのような方法があるのかチェックしていきましょう。

 

筋トレをする

テストステロンは、筋トレをすると分泌量が多くなる傾向があります。

筋トレには自重トレーニングのような比較的軽い負荷のものから、ジムでマシンを使って行う高負荷のトレーニングまでありますが、基本的には軽い負荷のトレーニングを行うほうがより分泌が盛んになります。

 

食事内容を見直す

テストステロンは食事内容を見直すことでも増やすことができます。

偏った食生活になっているとテストステロンのみならず、身体全体のホルモンの分泌が悪くなって不調の原因にもなってしまいます

糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどをバランス良く取り入れることで、身体の調子が整ってホルモンも適度に分泌されるようになるでしょう。

 

睡眠時間を確保する

睡眠時間が短くなると、身体は細胞の修復やホルモンの分泌機能がうまく働かなくなってしまいます。

理想的な睡眠時間は8時間ですが、どうしても無理な場合は最低でも5~6時間は睡眠を取るようにしましょう。

 

 

筋トレでテストステロンを増やす際の注意点

男性がテストステロンを増やす方法として筋トレがありますが、筋トレ初心者の人が行ってしまいがちな『テストステロンの分泌量を少なくしてしまう』原因があります。

主に下記の2つになりますので、1つずつ見ていきましょう。

負荷が大きいトレーニングをやりすぎない

筋トレとなると、男性はついつい大きな負荷がかかるトレーニングをしてしまいがちですが、大きな負荷がかかる筋トレをしてしまうとテストステロンの分泌量は少なくなってしまいます。

特にジムでのマシンを使った筋トレは高付加な物が多いので、トレーニングを続けるとテストステロンの分泌量が少なくなります。

とはいえ筋トレをする上で高負荷のものはしないということは難しいかと思いますので、負荷の大きいトレーニングは毎日行わないようにするなどの対策をしていきましょう。

 

筋トレ後は必ずたんぱく質を摂取する

トレーニング後の筋肉は負荷によって筋繊維が傷ついた状態になっています。

修復するためにもたんぱく質の摂取は必ず必要になりますので、トレーニング終了後30分以内にプロテインや食事から良質なたんぱく質を摂るように意識しましょう。

 

まとめ

今回はテストステロンの効果と分泌量を増やす方法をご紹介しました。

男らしい身体を作ってくれたりメンタルを安定させてくれるなど、さまざまな効果が期待されます。

しかし、生活習慣を見直したり筋トレをしたりしなければ、テストステロンの分泌量を増やすことはできません。

あまり大きい負荷がかかるトレーニングはせずに、無理のない範囲で行える筋トレをしていきましょう。

 

 

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-筋トレ

© 2021 MuscleCamp