筋トレ 腹筋

プランククランチで腹筋を効果的に鍛える!正しいやり方や鍛えることで得られるメリットを解説

最近お腹のたるみが目立ってきた 年齢を重ねるにつれてお腹がでてきてしまった 家族や友人に最近太ってきたと指摘された ちょっと太ってきてしまった、お腹のたるみが目立つようになってきた人がとりあえず始めたくなるのが腹筋です。 特別なマシーンも必要なく手軽に行えるのが大きなメリットですが、一方でメニューが単調になってしまったり、うまく上体をおこすことができないといったリスクもあります。 そのため結局挫折する可能性も高く、トレーニングの中でも継続して続けることが難しいものとしてTOPに君臨しているといっていいでし ...

続きを読む

筋トレ

パームカールは上腕二頭筋を鍛える最適な筋トレ!正しいやり方を紹介

上腕二頭筋を鍛えられるパームカール。 いわゆる『力こぶ』と呼ばれる部位を鍛えるにはちょうどいいトレーニングで、逞しい腕をつくることができます。 しかし、やり方などがわからずに困っている人や、正しフォームでできていない人が多いのではないでしょうか。 今回は、パームカールのやり方などについてご紹介していきます。 やり方がわからない人はぜひチェックしてくださいね。   パームカールとは? パームカールとは、上腕二頭筋を鍛えるためのトレーニングで、特別な器具を使わずに筋トレができるという特徴があります。 ...

続きを読む

筋トレ

ダンベルシュラッグのやり方とは?徹底的に僧帽筋を鍛える!

ダンベルシュラッグはおもに僧帽筋を鍛えられるトレーニングですが、あまり聞き馴染みがないのでしたことがない人が多いのではないでしょうか。 ダンベルが2つあればできるトレーニングで、場所も取らないので初心者でも気軽に取り組めます。 しかし、正しいフォームで行わないと意味のないトレーニングとなってしまうので注意が必要です。 今回は、ダンベルシュラッグのやり方とメリット、効果的なトレーニングを行うポイントをご紹介していきたいと思います。   ダンベルシュラッグとは? ダンベルシュラッグとは、背中にある僧 ...

続きを読む

筋トレ

リバースプランクの正しいやり方!効果やフォームをご紹介

リバースプランクという筋トレをご存知でしょうか。 男性も女性も嬉しい効果がある筋トレで、トレーニングメニューの中に組み込んでいる人も多く見受けられます。 気軽に取り組むことができるのが特徴ですが、正しいフォームを知らないといつまでたっても効果が現れません。 今回はリバースプランクの正しいフォームやコツをご紹介していきます。   リバースプランクとは? 通常のプランクとは、身体をうつ伏せにして床に肘を付いて行うトレーニングですが、リバースプランクは仰向けになって身体の全面を上に向けて行うトレーニン ...

続きを読む

筋トレ

ケーブルクロスオーバーで大胸筋下部と上部を鍛える

筋トレをする中で誰もが憧れるのが厚い胸板を作ること、つまり「大胸筋」を大きくすることです。 大胸筋はたくましく大きければ大きいほど、Tシャツなどをきた時に男らしい印象を与えることができる部位になるので、多くの人が発達させるためにできるだけ鍛えたい部位の1つになります。 しかしバーベルやダンベルなどをやってばかりで、マンネリになりがちなのも大胸筋の悩みの種です。 そこで今回は特に大胸筋に強く普段とは異なった刺激を与えることができる、ケーブルクロスオーバーについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください ...

続きを読む

筋トレ

スーパーセット法で筋肥大|筋肉をより大きくするための筋トレとは

2020-10-17

筋トレをしている理由は見た目を変えたい人や、体型の維持をしたい人などさまざまでしょう。

特に男性は筋トレをして見た目を変えたいと思っている人が多く、ハードなトレーニングをしている人もいます。

男性は女性と違って筋肉がつきやすい構造となっていますので、正しい方法で筋トレができていれば必ず身体は変化します。

今回は、筋肥大を促進させるおすすめのトレーニング法「スーパーセット法」をご紹介していきましょう。

 

スーパーセット法とは?

男性に特に有効な筋トレ方法として、スーパーセット法という筋トレメニューがあります。

スーパーセット法とは、主働筋と拮抗筋を同時に鍛えるトレーニング方法で、2つで1セットとなる筋トレを行います。

そしてトレーニング間ではほとんどインターバルを挟まないので、より効果的に筋肉を刺激して筋肥大を促すのです。

 

主働筋と拮抗筋の関係

筋肉は骨の両サイドで1セットとなっていて、対になる筋肉が存在します。

それぞれを主働筋と拮抗筋というのですが、たとえば上腕を鍛えるときだと腕を曲げると上腕二頭筋が主働筋になり、上腕三頭筋が拮抗筋となります。

 

拮抗筋には主働筋の収縮を抑制する機能がありますが、スーパーセット法はこの機能を解除して筋肉にさらに負荷がかかるようにするので、より筋肉を大きくすることができます。

しかし本来は拮抗筋が主働筋にブレーキをかけるのですが、その機能を解除するので慣れていないと怪我をしやすいという欠点もあります。

 

スーパーセット法を行う筋トレのメリット

筋肉のブレーキ機能を解除することで、より筋肥大を促すスーパーセット法ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1つずつ確認していきますので、スーパーセット法を行いたい人は要チェックです。

 

トレーニング時間が短縮できる

スーパーセット法の一番のメリットは、トレーニング時間が短縮できることです。

筋肥大をするための従来のトレーニングでは、鍛えたい部位の1つの筋トレを重点的に行うため、時間がかかってしまうことが難点でした。

1つのトレーニングを集中してすると質の良いトレーニングができますが、筋肥大をさせたいとなると効率が悪くかなり時間がかかるためモチベーションも下がりやすいです。

しかしスーパーセット法では2種目を同時に行うため、圧倒的にトレーニング時間が短くなり忙しい人でも筋肥大をさせることができます。

さらにインターバルを挟まずに続けて行うので、休憩の時間もカットされてさらに時間短縮になります。

 

筋肉に強い負荷をかけられる

2種目を続けて行うため、筋肉に強い負荷をかけることができます。

トレーニング間の休憩は筋肉の緊張が解けている状態で、緩みきっていることになります。

筋肉が緩むと負荷がなくなってしまうので、筋肥大を目的としているのであればあまりおすすめではありません。

必ず休憩は挟まずに続けてトレーニングを行うようにしましょう。

 

 

筋肥大を促すスーパーセットメニュー

スーパーセット法は対になっている筋肉が鍛えられるので、男性が特に鍛えたいと思うことが多い筋肉を例に挙げてご紹介していきます。

以下でご紹介するトレーニングをインターバルは挟まずに行うよう心がけてください。

 

上腕二頭筋・上腕三頭筋

まずは上腕二頭筋を鍛えるためにダンベルカールを行います。

立ったまま行うスタンディングダンベルカールか、座った状態で行うインクラインダンベルカールのどちらかを行ってください。

以下ではより負荷のかかりやすいインクラインダンベルカールのやり方をご紹介していきます。

  1. ベンチの傾斜を70~80度に調整します
  2. 背もたれにもたれかかるように深く腰掛けてください
  3. 片手にダンベルを持ち、肘を曲げていきます
  4. 身体に惹きつけるように持ち上げ、限界まできたら数秒キープします
  5. 反動を使わずにゆっくりと下ろします
  6. 10回繰り返したら反対も同様に行います

 

次は上腕三頭筋を鍛えるためにトライセプスキックバックを行います。

正しいフォームを意識してトレーニングをしていきましょう。

  1. ベンチの横に立ち、片手と片足をベンチに乗せます
  2. このとき手は身体の方にひねり、ベンチの端を持つようにします
  3. お尻と足が真っ直ぐになるように伸ばします
  4. 空いている手にダンベルを持ち、肘を曲げて上に持ち上げていきます
  5. 肘を固定して腕を後ろに伸ばしていきます
  6. 10回繰り返したら反対も同様に行います
関連記事
上腕二頭筋の効果的な鍛え方!器具を活用したトレーニング方法をマスターしよう

しなやかで引き締まった腕のラインの要となる上腕二頭筋は、器具を使うことでもっと効率的に・時短で理想的な筋肉を育成していくことができます。 上腕二頭筋を鍛えたいと思っていても、トレーニングに役立つ器具は ...

 

大胸筋・広背筋

まずは大胸筋を鍛えるためにダンベルプレスを行います。

  1. ベンチに寝転がり、両手にダンベルを持ちます
  2. 肘を曲げた状態からまっすぐ上に伸ばしていき、ダンベルを支えます
  3. 持ち上げたら反動を使わずにゆっくりと下ろしていきます
  4. 20回を目安に行い、反対も同様にトレーニングをしてください

次は広背筋を鍛えるためのトレーニングとしてワンハンドローイングをしていきます。

  1. 足を開いて片足・片手をベンチに乗せます
  2. 背筋が曲がらないように力を入れて、空いている手にダンベルを持ちます
  3. ゆっくりと脇腹まで持ち上げて下ろす動作を繰り返します
  4. 10回繰り返したら反対も同様に行います
関連記事
大胸筋を徹底的に鍛える!おすすめの筋トレ

鍛え抜かれた大胸筋は男性の憧れでもあり、女性も目を引く部位ですよね。 胸に筋肉がついていると薄着になったときに筋肉がしっかりとついているのがわかりますし、体形もがっちりしてきます。 しかし、ただ闇雲に ...

 

腹筋・脊柱起立筋

まずは脊柱起立筋を鍛えるために、バックエクステンションを行っていきます。

  1. マットの上にうつ伏せに寝転がります
  2. 両手は頭の後ろで組み、足は腰幅に広げます
  3. そのままの状態で上体を後ろに反らしていきます
  4. 限界まで反らしたら、その位置で数秒キープします
  5. ゆっくりとおろしていきます

腹筋を鍛えるためにクランチ(腹筋)を行います。

  1. 床に仰向けになり、両手は頭の後ろか胸の前で組みます
  2. 膝は90度に曲げた状態で軽く開きます
  3. 息を吐きながら上体を起こしていき、おへそを見るようにそのまま数秒キープします
  4. 肩甲骨が床につかない位置まで上体をゆっくりと下げていきます
  5. この流れを20回行います
関連記事
腹筋ローラーを使った効率的に筋トレしよう!

Amazonやドン・キホーテなどで1,000円~2,000円程度で売られている腹筋ローラ(アブローラ)をご存じでしょうか。 腹筋ローラーは、主に円盤に両手を支える棒がついており、その棒に両手で握ったま ...

 

大腿四頭筋・ハムストリングス

次は大腿四頭筋を鍛えるためにワイドスクワットをしていきます。

自重トレーニングとして多用することが多いワイドスクワットですが、正しいフォームで行わないと他の部位を鍛えることになりますので注意しましょう。

  1. 足を肩幅よりも広めに開き、手は胸の前で組みます
  2. 上体が曲がらないように背筋を伸ばし、ゆっくりと下げていきます
  3. 膝がつま先から出ないように注意して、元の位置に戻します
  4. この流れを30回行います

最後にハムストリングスを鍛えるためにレッグランジを行います。

  1. 両脚を腰幅に開いて手は胸の前で組みます
  2. 左右どちらかの脚を身体の後ろに大きく開き、上半身を下げていきます
  3. 後ろに下げた脚が床につかない程度に状態を下げて数秒キープします
  4. 床を蹴り上げるようにして元の位置に戻します
関連記事
ダンベルを持って自宅で出来る!大腿四頭筋を鍛える方法!5選!

コロナの時代であっても健康的な身体作りは欠かせません。 今回は、感染リスクの中わざわざリスクを抱えてジムに行かなくても、自宅で出来るダンベルを使って大腿四頭筋を鍛える方法をご紹介します。 予備知識とし ...

 

まとめ

今回は筋肥大を促すスーパーセット法についてと、部位別のおすすめのトレーニングをご紹介しました。

効果的に筋肥大ができるので、身体を大きくしたい男性には特におすすめです。

インターバルを入れずに筋トレをすることが大切ですので、ぜひ積極的に行ってください。

 

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-筋トレ

© 2020 MuscleCamp