筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

筋トレ

筋トレ効果が高い時間帯はいつ?寝る前の筋トレについても検証

毎日忙しくしている方に向けて、最近で時間営業のジムがありますね。早朝ジムで筋トレをしてから仕事に向かうというアクティブな方もいることでしょう。しかし、24時間いつでも筋トレの効果が変わらないという事はなく、時間帯によって効果的な時間というのはあるのです。

 

ここでは、筋トレ効果の高い時間帯と、寝る前の筋トレについて解説をしていきます。

 

 

筋トレ効果が高い時間帯はいつ?

では、いつ筋トレを行うのが筋肉と体のために良いのかを確認していきましょう。

 

時間帯とパフォーマンスの関係

人の体温は14時~18時の間に最も高くなるため、筋力が高まるのもこの体温が高くなる14時~18時の間と言われています。逆に、早朝と寝る前は筋力が低い時間帯とされており、その差は6%もあります。

 

もちろん、早朝や夜の筋トレの効果がないわけではなく、鍛えることできちんと結果は出てきます。ただ、筋トレのパフォーマンスを上げるという事で言えば、14時~18時の間がおすすめになります。

 

筋トレ効果を狙うなら夕方の時間帯

先にもお伝えしたように、14時~18時の間が良いのですが、日中仕事をしている方にとってはなかなか早い時間帯の筋トレは難しいですよね。そう考えると、夕方仕事終わりにジムへ行ったり自宅で行ったりするのがベストになります。さらに、夕方の時間帯は筋力・酸素消費量・肺活量などの身体機能もピークになりますので、夕方の筋トレがおすすめです。

 

 

食事と筋トレのタイミング

筋トレをするタイミングとしては、食後すぐは避けたほうが良いとされています。逆に空腹時もよくありません。ではなぜ、食後や空腹時の筋トレはよくないのでしょうか。

 

なぜ食後すぐの筋トレは避けたほうがいいの?

食後すぐの時、身体の中では血液を胃腸に送り込み消化を促しています。消化を行っている時に筋トレを行ってしまうと、筋肉にも血液を供給する必要が出てきます。そうなると消火活動を行っている胃腸への血液循環が不足してしまいますし、さらに筋肉への血液の供給も下がることになります。

 

つまり、食べ物を消化している時の筋トレは、消化不良を起こすこともありますし、筋肉に酸素を届けることができずに筋トレの効果を落とすことに繋がるのです。食事の後は最低でも2時間程度は空けてから筋トレを行うようにしましょう。

 

筋トレを始める前には炭水化物を!

空腹時の筋トレは、エネルギー不足となり筋肉のパフォーマンスが下がります。この状態で筋トレをすると、踏ん張りがきかず思うような筋トレができなくなってしまいます。また、こうした状況ではケガの心配も出てきてしまいます。

 

筋トレを始める前には、炭水化物を軽く摂るのがおすすめです。ただし、満腹になるまで食べないようにしましょう。そして、筋トレ後は忘れずにプロテインでたんぱく質を取りましょう。

 

 

寝る前に筋トレをしてもいいのか?

夜寝る前に筋トレをしてもいいのか?と聞かれることも多いのですが、筋トレの種類にもよります。ストレッチや程よい疲労感程度の軽い運動であれば、良質の睡眠がとれるため、メリットはあります。しかし、寝る前にハードな筋トレはおすすめできません。その理由を確認していきましょう。

 

寝る前の筋トレがおすすめできない理由

寝る前にハードな筋トレをしてしまうと、交感神経が優位になり興奮状態となります。寝る時には副交感神経を有意にしてリラックスすることで、寝つきを良くすることができるのです。つまり、寝る前の筋トレは、寝つきが悪くなり睡眠の質が下がってしまう可能性が高いのです。

 

また、筋トレ後に摂るプロテインによって、寝ている間に胃腸を活動させる状態になり大きな負担をかけることになってしまいます。睡眠時は身体を回復させる時間ですので、プロテインが消化される2~3時間前には筋トレを終えることが大切です。

 

良質な眠りは筋肉を成長させ脂肪を燃焼させる

先にもお伝えしたように、睡眠時は身体を回復させる時間です。睡眠時には成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが、負荷によって破壊された筋肉を回復させるのです。また、成長ホルモンは寝ている間に脂肪を燃焼させる効果もあります。

 

良質な睡眠をしっかりとることで、身体の疲れをとりながらダイエット効果まで得られるのです。寝る前にあまりハード筋トレをすることで、この効果を得られない事にもなりかねませんので、ストレッチ程度の運動に留めてリラックスして眠りにつきましょう。

 

 

まとめ

筋トレは、夕方の時間帯が体温も上がり、筋力・酸素消費量・肺活量などの身体機能もピークになりますのでおすすめです。ただし、どの時間帯に筋トレをしても、継続して行うことで筋トレ効果はでますので安心してください。

 

また、寝る前にハードな筋トレをすると、良質な睡眠がとれなくなる可能性がありますので、ストレッチ程度に抑えておくと良いでしょう。

 

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-筋トレ

© 2021 MuscleCamp