筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

筋トレ

筋トレが痛風を引き起こすのは本当?尿酸値上昇を予防するための注意点

筋トレで体を鍛えたい、健康になりたい!という思いからトレーニングをしているのに、その筋トレのせいで病気になってしまったらどうでしょうか。

『まさか、そんなことが?』と思われるかもしれません。でも、実際に筋トレをすることによって血中の尿酸値があがって痛風になる可能性があります。

 

この記事では、筋トレと痛風の関係性と、防ぐための注意点についてご紹介します。

 

 

筋トレが痛風の引き金になる理由

トレーニングは有酸素運動と無酸素運動とに分かれますが、筋トレは後者の無酸素運動です。

体に負荷をかけない有酸素運動とは異なり、筋トレをはじめとする無酸素運動は体に過度な負担をかけることで筋肉を鍛えていきます。

高い負荷をかけながら無酸素運動を行うことによって、血中の尿酸値が上がった結果、痛風となってしまいます。

 

尿酸値を下げるための基本は肥満対策

尿酸値は他の数値と同様、人によって個人差があります。

高負荷をかけながら筋トレを継続したとしても尿酸値に異常が見られない人もいれば、すぐに尿酸値があがってしまう人がいるということは、元々の数値や体質に違いがあるからです。

 

性質に関していえば、尿酸値は肥満と密接な関係があります。その原因の一つが、内臓脂肪の蓄積です。

つまり、尿酸値を下げるためには内臓脂肪を減らすべく肥満対策することが先決となります。実際、体重を3%落とすだけで、尿酸値が下がることが医学的に確認されていることから、尿酸値と内臓脂肪には密接な関係があることがお分かりいただけるかと思います。

 

ダイエット目的で筋トレを始めようとしている方は要注意!まずは筋トレではなく有酸素運動で体重を落としてから筋トレをスタートさせましょう。

 

 

筋トレによって痛風にならないための注意点

筋トレで痛風になる可能性があるとは言え、もちろん誰しもが痛風になるわけではありません。

きちんと対策をしておけば、筋トレで尿酸値があがり痛風になることを防ぐことも可能です。続いては、痛風にならないための注意点についてご紹介します。

 

筋トレ時に水分をしっかり摂取する

尿酸は水に溶ける性質を持つ水溶性です。そのため、尿酸が体に蓄積することのないよう、しっかりと水分を摂取して尿から尿酸を排出するようにしましょう。

高尿酸血症の場合、一日あたりの水分摂取量目安は2ℓ以上です。この際、ジュースなど糖質の高いものだと肥満化になる可能性もあるので、できるだけ水を意識的に摂取するようにしましょう。

 

バランスのとれた食生活

尿はアルカリ性になっていた方が、尿酸を多く排出することができます。野菜や海藻類を意識的に摂取するよう心がけましょう。

バランスのとれた食生活は、健康の元。忙しい毎日を送っているとつい食生活が乱れがちですが、できるだけバランスのとれた食生活を送ることこそが、健康維持のポイントです。

 

乳製品を摂取する

牛乳やヨーグルトなどの乳製品に含まれるガゼインを摂取し分解されると尿酸の排出を助けるアラニンというアミノ酸となります。

筋トレ後にコップ1杯の牛乳を飲むようにしましょう。

ただし、乳製品の取りすぎから肥満になる人もいるので、適量を摂取することが重要です。

 

 

夏場の筋トレは痛風になりやすい

一年を通して注意すべき痛風ですが、実は筋トレに関して言えば夏はは特に注意する必要があります。

痛風は、尿酸の濃度が上昇することによっておこる炎症の一種です。そのため、体内の水分量が減り、尿酸の濃度が上昇する夏場は要注意です。

さらに、夏場の楽しみがビールという方も危険です。

ビールにはプリン体が含まれており、このプリン体は細胞の新陳代謝やエネルギーの代謝をする際に体内に生成されます。肝臓で分解されて尿酸に変わるため、体内のプリン体量が増えると尿酸値上昇に繋がります。

そもそもビールに限らずアルコールには利尿作用があるため、体内の水分が不足しがちです。汗と尿の相互作用で必然的に体内の水分量が減少してしまうというわけです。

 

そのため、夏場は特に肥満気味の人が飲酒をする際にはその量やタイミングについても注意しましょう。

 

 

痛風の方が筋トレをする際の注意点

痛風の方や、尿酸値が高い方が筋トレをする際には、いくつかの注意点があります。

  • トレーニング中に水分を摂取すること
  • トレーニング中にクエン酸を摂取すること
  • 過度なトレーニングは避け、十分なインターバル(休憩)をとること

 

痛風や尿酸値の値に限らず、体を動かし鍛えることは健康の源です。

ただし、その筋トレが尿酸値上昇や痛風の引き金となることのないよう、上記で述べた3点を意識しながら筋トレをすることをおすすめします。

 

 

まとめ

筋トレをすることで尿酸値が上昇し、痛風になる理由と対策法についてご紹介しました。

筋トレをすることによって、体質改善やスタイルが良くなることにより自分に自信が持てる…など、内面・外見ともにたくさんのメリットがあります。

 

ただし、何事もいきなりやりすぎることは良くありませんし、自分の体や体質に合ったトレーニングを取り入れることで恩恵を得ることができます。

もし、今尿酸値や痛風でお悩みの方は、自己判断で筋トレを始めるのではなく事前に専門医に相談の上実施してみることをおすすめします。

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-筋トレ

© 2021 MuscleCamp