筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

筋トレ

筋トレの基本のキ!遅筋繊維と速筋繊維の違いと効果的な筋トレ法

筋トレは、体が引きしまったり体力向上にも繋がるなどのメリットから、日常的に筋トレをされている方も多いです。

筋トレをしている人に対して「自分と向き合っているイメージ」をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも、筋トレが体に良いことは分かっていても、具体的な筋肉の構造についてご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。

 

この記事では、筋トレを始める際に知っておきたい遅筋繊維と速筋繊維の違いについてご紹介します。

効率良く筋トレをしたい方、必見です。

 

 

遅筋繊維と速筋繊維の違いとは?

筋肉のことを知り尽くした方やスポーツに対する関心が強い方であれば、各部位やそれぞれの筋肉に効果的なとレーニングも熟知されているでしょう。でも、ダイエット目的で何となくトレーニングをしている方や、健康のためにトレーニングしているといった方は、各筋肉についてそれほど深くはご存知ないのではないでしょうか。

むしろ、筋肉は一つで、筋トレをすると全ての筋肉が鍛えられる…と考えている方が大半のように感じます。

 

筋肉が遅筋繊維と速筋繊維の2種類に分類されることは、筋肉の基本です。

まずはそれぞれの違いについて、特徴を踏まえながらご紹介します。

 

遅筋繊維とは?

遅筋繊維とは、酸素を用いながら収縮する筋肉繊維のことを指します。

持久力に長けていることから、ウォーキングやジョギング、スイミングなどの有酸素運動に適しています。

 

見た目に関して言えば、酸素を蓄えるミオグロビンを多く含み赤みがかった色をしていることから、「赤筋」とも言われています。

また、具体的な部位としては、すねにあるヒラメ筋や前頸骨筋などです。

 

遅筋繊維はインナーマッスルに多く、内側から体を支える役割を果たしています。筋肉そのものが太くなりづらい性質があるため、筋肉を目立たせたいというわけではなく脂肪を燃焼させて体を引き締めたいなどダイエット効果を求めているときに鍛えたい筋肉と言えます。

 

速筋繊維

速筋繊維は遅筋繊維とは異なり、酸素を必要としない筋肉繊維です。見た目が白いことから、「白筋」と呼ばれていることも、遅筋繊維とは対照的であることが分かります。

 

速筋繊維という名前からも想像できるように、すばやく収縮することができる筋肉であると同時に、パワー派で瞬発力に長けた筋肉です。

 

また、見た目が明らかになりやすいという特徴があり、アウターマッスルに多い筋肉です。

身体そのものが大きい方が多く、イメージとしては筋肉隆々なスポーツ選手です。

 

具体的な部位としては、太ももや胸筋、上腕などがあたり、見た目からマッチョになりたい方が鍛えるべき筋肉と言えます。

 

遅筋繊維と比較すると体積が大きく、その分持続性がないので疲れやすい点は難点といえます。

 

 

人によって遅筋繊維と速筋繊維の割合に違いがある

当たり前ですが、人は誰しも遅筋繊維と速筋繊維を持っています。ただし、割合に関しては同じではなく、人によって異なります。

 

この割合を調べることによって、あなたの体が持続力があり長距離向きなのか、瞬発力が高く短距離向きなのかを知ることができます。

最近では、筋繊維の種類を検査することができるサービスもあるので、気になる方はぜひご検討ください。

 

生まれながらに決まっている遅筋繊維と速筋繊維の割合ですが、最近の研究でその割合をトレーニングで変えることができる可能性があることが発表されました。

トレーニングの方法によって、体内で変化が起こり、目的に合わせたタイプの体を作り上げることができます。

そう考えると、さらにトレーニングの重要性を感じることができるのではないでしょうか。

 

 

遅筋繊維と速筋繊維とは鍛え方も違いがある?

それぞれが対象的であるからこそ、どうなりたいかという目的や各筋肉繊維に合わせたトレーニングが必要となります。

 

それぞれの違いについて踏まえた上で、続いては、遅筋繊維と速筋繊維の鍛え方についてご紹介していきます。

 

遅筋繊維のトレーニング法

遅筋繊維を鍛えるためには酸素が必要となります。

遅筋の性質を考え、あまり負荷をかけずに同じ動作を続けるトレーニングを取り入れましょう。

 

筋トレというとべンチプレスやスクワットなどがイメージされがちですが、遅筋繊維を鍛えるためにはウォーキングやスイミング、ジョギングなど酸素を取り入れながら身体を動かすのが効果的。

できるだけ負担を少なく、時間をかけて何度も反復するようにするのがおすすめです。

 

速筋繊維のトレーニング法

速筋繊維は、重い負荷をかけて大きな力を発揮するときに使われる筋肉です。

鍛えた結果が見た目に現れやすい特徴があることから、速筋繊維を鍛えるためにはできるだけ大きな負荷をかけて疲労感のあるトレーニングメニューがおすすめです。

 

とはいえ、速筋繊維は持久力が少ないので、トレーニングを長時間行うのは困難です。

ベンチプレスやダンベルなどのウエイトトレーニングなどスピーディーに鍛えることができるトレーニング法を選択しましょう。

 

 

遅筋繊維と速筋繊維の違いと効果的な筋トレ法 まとめ

遅筋繊維と速筋繊維の違いや効果的なトレーニング方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

あなたが筋トレをする目的は何でしょうか?また、どの部位をどのように変えたいと思っていますか?

遅筋繊維と速筋繊維のそれぞれの性質や特徴を理解した上で筋トレをすれば、なりたいスタイルに加え、より高い運動能力を手に入れるチャンスがあります。

まずはなりたい姿をイメージすることから始めましょう!

 

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-筋トレ

© 2021 MuscleCamp