筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

食事・栄養

筋トレ時のたんぱく質は適切な量を摂ろう!過剰摂取による体への影響は?

たんぱく質は、筋トレなどの運動をしている人はもちろんのこと、筋トレなどをしていなくても体に必要な栄養素です。しかし、筋トレしている人でもたんぱく質は適切な量をあまりに超えて摂りすぎると、体に悪影響を与える可能性もあります。

ここでは、たんぱく質の働きや摂りすぎの影響、筋トレ時に摂るべき適切な量について解説をしていきます。

 

 

筋トレ時に適切な量のたんぱく質が必要な理由

たんぱく質は、筋肉の成長を促すために必要な栄養素でありますが、どうしてたんぱく質が体に必要になるのでしょうか。

 

たんぱく質はどんな働きをするの?

人の身体の筋肉や内臓・肌・髪・爪などは、たんぱく質によって構成されています。また、体内のホルモンや免疫物質などもたんぱく質が必要です。このたんぱく質の数は、約3万~10万種存在しており、それぞれが独自で働いて体を作ったり体を守ったりしています。

そのため、たんぱく質が不足することで、体の成長が遅れたり病気になりやすくなったりしてしまいます。健康の維持のためにはたんぱく質の摂取はとても重要です。

 

筋トレで鍛えた筋肉を成長させる

筋トレで鍛えた筋肉は、体のたんぱく質と共に分解・合成をして成長を促進させます。そのため、体のたんぱく質が不足していると、筋トレをしても筋肉が成長することができません。そればかりか、たんぱく質が不足していることで筋肉を分解して、筋トレで必要なエネルギー源を作り出すことになります。

つまり、せっかく筋トレをしていても、たんぱく質が不足していると筋肉の成長どころか、筋肉が減ってしまうのです。筋トレ時にたんぱく質が必要な理由がここにあるのです。

 

 

筋トレ時でも適切ではないたんぱく質量は体に負担をかける

筋トレ時は適切な量のたんぱく質が必要です。しかし、たんぱく質が体に必要な栄養素だからと言って、過剰摂取は体に負担をかけることにもなりかねません。では、その理由を見ていきましょう。

 

内臓疲労による疲れや体調不良・疾病のリスク

食事などで摂ったたんぱく質は、体内で分解して体を作る素となるのですが、その時に余ったたんぱく質については分解されることによって窒素になります。この窒素を体外に出すためにアンモニアに変化させます。しかし、このアンモニアが体にとって悪影響を与えるため、肝臓や腎臓で尿を作り排出することになります。

たんぱく質を過剰に摂取すると、肝臓や腎臓はそれだけ働かなければならなくなり、負担をかけすぎることになるため、内臓疲労から体調不良を引き起こします。また、たんぱく質の過剰摂取は尿の中に結石を作ります。そのため尿管に詰まらせると尿管結石を起こしてしまうことになります。

 

カロリーオーバーによる肥満

たんぱく質にもカロリーがあります。特に肉や卵などはカロリーが高めですので、たんぱく質を摂りすぎることでカロリーオーバーとなり肥満に繋がってしまいます。プロテインも例外ではなく、摂りすぎればカロリーオーバーとなる可能性がありますので、注意が必要です。

 

腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が乱れる

動物性のたんぱく質は、体に吸収されないとそのまま腸に送られることになります。腸内でたんぱく質は悪玉菌の栄養となるため、善玉菌が減ってしまい腸内環境は乱れてしまうことになります。腸内環境が乱れると腐敗物が増えて体臭や口臭の原因となりますし、便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

筋トレ時の適切なたんぱく質の量はどれくらい?

では、筋トレ時の適切なたんぱく質量はどのくらいなのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

 

体重1㎏あたりのたんぱく質必要摂取量

必要なたんぱく質の量は、その人の体型や年齢などによっても異なります。体重1㎏あたりの必要なたんぱく質量で調べてみましょう。

【体重1㎏あたりの必要なたんぱく質量】

活動量 体重1㎏あたりの適切なたんぱく質量
運動をしていない 0.8g
運動を週に4~5回30分程度行う 0.8g~1.1g
筋トレを行う 1.2g~1.7g
ダイエット中に筋トレを行う 1.4g~1.8g

上記の表を参考にして、自分の体重をかけて計算すれば、適切なたんぱく質量がわかります。

例えば、体重が60㎏の人で筋トレを行っているのであれば

  • 60㎏×1.5g=90g3

このように、90gのたんぱく質を取る必要があるという事になります。

 

食事で摂れるたんぱく質量と補助するプロテイン

では、食事でどれくらいのたんぱく質がとれるのでしょうか。以下の表で確認してみましょう。

牛肉 赤身 100g 約21.3g
鶏 ささみ 100g 約24.6g
豚肉 もも 100g 約22.1g
マグロ 赤身 100g 約25.4g
生卵 60g 約7.4g
牛乳 200g / 豆乳200g 約6.6g / 約7.2g
豆腐 1丁 400g 約28.0g
納豆 1パック 40g 約6.6g

意外に少なく感じるかもしれませんね。例えば、体重60㎏で筋トレしている人が1日90gのたんぱく質を摂るためには、鶏のささみであれば365gも食べなければなりません。ちょっと厳しい数字ですね。そのため、筋トレの場合はプロテインで良質なたんぱく質を摂るのが良いとされているのです。

 

関連記事
筋トレに欠かせないプロテインとは?おすすめの飲み方もご紹介!

皆さんは、筋トレをしたあとはどのように過ごしていますか? 負荷が大きければ大きいほど身体への負担も体力の消費も大きくなり、疲れてしまいますよね。 しかし筋トレ直後の過ごし方で、筋肉が成長するのかしない ...

関連記事
筋トレしながらダイエットにはあたりめが最適!?あたりめダイエットとは?

筋トレをしながらダイエットをしているとどうしても口にできるものが限られてきてしまいます。 たんぱく質が豊富なもので、脂質や炭水化物ができるだけ少ないものを選んでいると、徐々に食べるものも少なくなってき ...

 

筋トレ時の適切なたんぱく質量のまとめ

たんぱく質が不足することで、免疫力が不足し病気になりやすくなってしまいます。しかし逆に過剰なたんぱく質の摂りすぎも、体に悪影響を与えることがあります。そのため、筋トレ時をしているからと言ってたんぱく質を適切な量以上に摂りすぎるのはおすすめできません。

筋トレをしている場合は特に適切な量のたんぱく質を知って、不足分を上手に補っていきましょう。

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-食事・栄養

© 2021 MuscleCamp