筋トレ

健康は強い骨から!筋トレとの関係と骨を強くするトレーニング

なりたい体質や筋肉にすることはもちろん、老化予防として筋トレをされている方もいらっしゃるでしょう。 何となく筋トレは筋肉を鍛えるもので、筋肉と骨は別物だというイメージがありますが、実際筋トレで骨を強くすることはできるのでしょうか? この記事では、筋トレと骨の関係性に加え、強い骨を手にいれるための筋トレについてもご紹介します。   筋トレで強い骨を手に入れることは可能? 筋肉はもちろん、骨が強いことは健康の証です。骨は年齢とともに劣えてもろくなっていきますが、いかに老化を食い止めるかが健康のために ...

続きを読む

食事・栄養

酢で体質改善!筋トレ効果が出やすい体を手に入れる

筋トレで筋肉パフォーマンスを高めるためには、筋肉を酷使して傷をつけ、その傷を修復する際に筋肉を大きく育てるという過程が必要不可欠となります。 筋トレで筋肉を酷使することで疲労することになりますが、疲れを感じたときに摂取したいのが、酢です。 この記事では、酢が筋トレに欠かせない理由と効果的な摂取方法についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   筋トレに欠かせない「酢」、その理由と関係性 酢が体に良い、体を柔らかくするといった ...

続きを読む

食事・栄養

プロテインの肌荒れ予防効果で美肌を手に入れる!

プロテインというと、筋肉をつけて筋トレ効果を高める目的というイメージがありますが、実はそれだけではありません。 栄養価が高いことから、摂取することでさまざまな嬉しい効果を得ることがでるプロテインですが、その効果の一つが、美容効果です。 この記事では、プロテインの肌荒れ予防効果についてご紹介します。   当ブログではおすすめプロテインについても紹介していますのでぜひご覧ください。   プロテインには肌荒れ予防効果がある? 前述したように、プロテインというと、筋肉というイメージで美肌とは程 ...

続きを読む

筋トレ

筋トレで腸内環境を改善!トレーニングとインナーケアの方法をご紹介

腸内環境の乱れによるポッコリお腹や便秘、カラダの重さに、どんよりした気分になってしまったことはありませんか? 体内に蓄積されたままのムダなものを分解・排出するはたらきのある腸内環境は、実は筋トレとプラスのインナーケアによって改善していくことができるんです。 今回は、筋トレで腸内環境を改善するトレーニング方法と、並行して実践したいインナーケアのメソッドをわかりやすく伝授! 腸内環境の乱れによるカラダの重さやその他のトラブルを、さっそく筋トレとプラスのインナーケアで改善していきましょう。   当ブロ ...

続きを読む

食事・栄養

コンビニ別!筋トレにおすすめの高たんぱく商品を紹介!

筋トレをしている人にとって欠かせない栄養素のたんぱく質。 プロテインを飲んだり高たんぱくの食材を購入して、トレーニング後に食べるなど筋肉をつけようと思えば何かと手がかかりますよね。 そんな作るのが面倒くさいときなどに役立ってくれるのがコンビニ食です。 コンビニ食というと添加物がたくさん入っていて、栄養がとれないというイメージがあるかと思いますが、最近は高たんぱくの商品がたくさん販売されています。 今回は、高たんぱくのコンビニ商品を紹介していきましょう!   当ブログではおすすめプロテインについて ...

続きを読む

腹筋

腹筋ローラーを使った効率的に筋トレしよう!

Amazonやドン・キホーテなどで1,000円~2,000円程度で売られている腹筋ローラ(アブローラ)をご存じでしょうか。

腹筋ローラーは、主に円盤に両手を支える棒がついており、その棒に両手で握ったまま膝で立ちながら前にコロコロ転がし、戻ってくる。

もしくは、立ったまま前傾姿勢からそのまま腕を前に出していき、腕立て伏せの位置辺りまで伸ばし、そして戻ってきて身体を鍛えるものです。

今回は、この腹筋ローラーを使って効率的な筋トレをご紹介します。

 

 

腹筋ローラーを使った効率的な筋トレ~導入編~

初めて腹筋ローラーをする場合、まずは膝立ちで腹筋ローラーを行いましょう。

間違っても上級者が行うような立ちながら前傾で前に伸びていく方法は、危険です。

また、膝が付いている状態でも精一杯前に伸ばすのは、危険です。

理由は、慣れていない状態で精一杯前に伸ばすと腰や背中がカクンと行ってしまい、身体を痛める原因になってしまいます。

 

万が一、痛めてしまうと痛みがなくなるまで2-3か月の時間を要すことになります。ご注意ください。

実際に行っていく際の注意点としては、まず骨盤の下に膝をつく。

膝の下には、マットかタオルを重ねて置きましょう。

 

そして、膝よりお尻が後ろにある状態はダメですので注意が必要です。

必ず、膝よりもお尻が前にある状態で行って下さい。

 

そして、伸ばした時にお尻が後ろに残り、手だけになると腹筋に効きにくくなります。

お尻から地面につけるように動かしましょう。また、腰を反らないようにして下さい。

そして、伸びきらないように壁をストッパーとして利用しながら、完全に下まで行く半分程度で伸ばして、戻すを繰り返しましょう。

戻ってくるときは、腕が肩より前にある状態までで止めるように。

戻りすぎると腹筋に効く効果が減ってしまい効率的でなくなってしまいます。

目安としては、10回1セットで十分です。まずは、この内容で慣れることが大切です。

遠くまで伸ばせば伸ばすほど、腹筋が必要になります。

自分自身を過信して無理をしないこと、まずはこれが一番大事です。

 

 

腹筋ローラーを使った効率的な筋トレ~初級編~

導入編で紹介した伸びきる半分程度が出来るようになってきたら、徐々にストッパー壁から離れていくことに挑戦してみてください。

ここでも伸びきる=お腹が床に付く一歩手前までなど、無理をしないことをおススメします。

毎日少しづつ壁からの距離を離していけばいいので、急に伸ばしきるのはやはり身体を痛める危険があるので注意が必要です。

初級編卒業の最終目標は、伸びきる=お腹が床に付く一歩手前まで伸ばすことが出来るようになることです。

 

毎日ちょっとづつ、このちょっとづつを忘れず継続して下さい。

同じく、回数の目安は、10回1セットです。

無理して回数を増やす必要もありません。

ゆっくりでいいので、長期間毎日継続することが一番の効率的な筋トレに繋がることを忘れず、自分自身を過信して無理をしないで下さい。

 

そして、日にちが経って1週間、10日、1か月と過ぎて慣れてくると、必ず下まで下ろせるようになります。

焦らずじっくり腹筋を鍛えることが必要です。

慣れてくれば、立ちコロを行いたくなりますが、まだ立ちころに行くのはやめましょう。

 

 

腹筋ローラーを使った効率的な筋トレ~中級編①~

膝コロで完全に伸ばせるようになってくれば、次は、完全に伸ばした後に少し戻し、また完全に伸ばし、普通に戻ってくるやり方を行ってみましょう。

同じく、回数の目安は10回1セットです。無理して回数を増やす必要はありません。

あくまで腹筋を効率的に鍛える方法であって、突然腹筋がシックスパックになることはありえないからです。

大切なのは毎日ちょっとづつでいいので継続的に行うこと、最終的には必ず行えるようになりますので安心してください。

中級編①卒業の最終目標は、10回連続で完全に伸ばし、少し戻してまた完全に伸ばす。

そして、戻ってくる方法が完璧にできるようになることです。

ここでも、立ちコロに行きたくなる気持ちをグッとこらえ確実に腹筋を鍛えて下さい。

 

 

腹筋ローラーを使った効率的な筋トレ~中級編②~

中級編①が、完全にできるようになれば、いよいよ立ちコロに挑戦になります。

ここでも注意が必要なのが、いきなり完全に伸ばすのではなく、初級編でもご紹介したように壁をストッパー代わりに半分程度を目標に伸ばすことから始めて下さい。

腰を反らさず行うことも大切な注意点です。

回数は10回を目標に、とにかく毎日継続を心掛けてじっくり鍛えることをお勧めします。

半分程度伸ばして、戻るを繰り返し行い、徐々に壁からの距離を離していきましょう。

中級編②の卒業の最終目標は、ストッパーの壁がある状態で完全に伸ばして戻ってくるを10回連続で行えるようになることです。

伸ばしきる際に無理と思えば膝と胸を床に付ければいいので、焦らず、まずは壁ストッパーが安心感のある状態で立ちコロを行えるようになりましょう。

 

 

腹筋ローラーを使った効率的な筋トレ~上級編~

中級編②の壁ストッパーのある状態で10回連続で行えるようになれば、いよいよ壁無しで完全に伸ばすことの挑戦となります。

同様、無理をせず行ってください。

無理と思えば膝・胸を床に付ければいいので、可能な範囲で行ってください。

ここでも完全に伸ばして戻ってくるを、10回連続で行ってみてください。

 

関連記事
筋トレ女子が手に入れたい腹筋の縦線をつくる!おすすめのお腹周りの筋トレ

女性の身体つくりの目標としても掲げられるのが、お腹の筋肉をつけることですよね。 中でもおへその上に入るスラっとした縦線はより引き締まった印象を与え、無駄な脂肪が無くとてもメリハリのある身体というイメー ...

 

腹筋ローラーを使った効率的な筋トレ~まとめ~

シックスパックは、1日で完成するものではありません。継続的に毎日行い、時間を掛けてじっくり腹筋を鍛えることで完成されるものです。

今回ご紹介した導入編から上級編は、いつごろどうなりたいのか、ご自身の目標に対して1つの目安として取り組めばよいので、1セットの数を増やしたり、1日に行うセット回数を増やしたり自身でメニューを組むようにして下さい。

ただ、無理をしてケガをしては意味がありませんので、是非ご注意下さい。

皆様の参考になることを願っています。

当ブログおすすめプロテイン 高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】 今ならマイプロテインのLINEアカウントに登録すれば、2,000円オフコードがもらえます! 初回に限り送料無料で手に入りますのでぜひお試しください!

-腹筋

© 2021 MuscleCamp